病気になるとどうなる?

例えば、糖尿病やがん、脳動脈瘤の場合は放置すると悪化するだけでなく、最悪命を落とす危険があります。ですから、症状が進行しないうちに治療を開始するのはとてもよいことだといえるでしょう。

病気を克服した人の声

日常生活が送れています

がんになってから3年。生存率60%と言われた時は、崖から突き落とされたかのような気分でした。ようやくがんに効果的な治療法を見つけ、再発もなく今では元気に暮らしています。

不安から解放された

病気になると、気が小さくなるというか元気がなくなります。入院中お見舞いに来てくれる人へ笑顔が向けられない時もありました。でも、治療を諦めなくて本当によかったなと思います。もうすぐ退院なので我が家に帰れるのが待ち遠しいです。

症状が治まった

体調不良が何日か続き、病院へ。診察の結果糖尿病と診断されました。これからどうしようという時に、医師が生活と食事の指導をしてくれました。好きなものを制限しなければならないですが、乱れた生活をしている時より今の方が健康に見えると言われます。

放置は危険

脳の画像検査で脳動脈瘤が発見され、医師から破裂するとくも膜下出血を引き起こすと告げられました。しかし、破裂しない可能性もあるためまだ様子見でいいでしょうといわれました。でも危険と隣り合わせで生活をするよりは手術した方がいいと思い、切断をしました。今のところ特に問題はありません。

検査をしたら

排尿時の痛みや出血で泌尿器科を受診したのですが、詳しく検査すると悪性の腫瘍が見つかり驚きました。軽いがんだったので、治療もそんなに長くは続きませんでした。今は完治して健康に暮らしています。

[PR]免疫細胞治療を行なってる専門医院を紹介
病気を撃退☆

[PR]血糖値の基準値などを詳しく解説!
健康維持に重要な知識が満載☆

[PR]脳動脈瘤なら専門医院で治してもらおう
優良クリニックをピックアップ☆

免疫細胞治療のメリットとは?気を付けたい病気

医療

日本人に多い病

【泌尿器科系】
泌尿器科外来でよく見る症状としては、前立腺がん、前立腺肥大症、前立腺炎などがあります。前立腺がんは、埼玉でも患者の数が急速に増えており、骨に転移をした後の痛みから発見されるケースがほとんどです。特に50代が多いでしょう。
【脳の病気】
代表的なのは脳腫瘍、脳動脈瘤、聴神経腫瘍、能動静脈奇形などです。他院で治療が困難なケースも多く、経験豊富で腕に絶対的な自信がある脳外科医の元で治療を行う必要があります。
【生活習慣病系】
肥満の方や糖質の多いものばかり食べる方に多い糖尿病ですが、治療をしなければ様々な合併症を引き起こす危険があります。予防のために、血糖値の基準値を超えないよう注意する必要があります。

主な治療方法

がんの場合は手術、化学、放射線療法の他に免疫細胞治療を交えて行うことがあります。免疫細胞治療は、他の治療と組み合わせができるため、外科手術後の転移を防いだり、化学療法特有の副作用を軽くしたりすることが可能です。脳動脈瘤の療法には、古くから伝わるクリッピング法と短時間で済むコイル塞栓術があります。

治療に関するQ&A

脳の手術で後遺症は残りますか?

正常な血管に触れたことで、脳に損傷を引き起こすことがあります。こういったことがなくても、手術中に動脈瘤が破れて脳内出血する危険性もあります。最悪、何らかの障害が残る危険もあるため、後遺症が残ることも想定して手術に同意する必要があります。

免疫細胞治療でがんは本当に治りますか?

多くの症例を持つクリニックの場合、末期がん患者の腫瘍が小さくなったことが画像検査で証明されています。完全に治るかはステージによりますが、小さいがんだった場合は50%以上の確率で根治可能でしょう。

入院期間が知りたいです

手術法によりますが、症状が重いと数年間入院することになるでしょう。比較的軽度なら半年足らずで、その後は通院となります。脳動脈瘤の場合は最新の治療法だと短期間、頭を切る手術だと数か月入院することもあります。

再発しますか?

どの病気にもいえることですが、体に何かしらのサインが出ているなら早めに受診をして治療に専念することです。がんや脳動脈瘤の場合、早期発見なら転移もなく予後もいいでしょう。また定期健診や日ごろの食生活に十分注意する必要があります。

広告募集中