あなたの血糖値は大丈夫?基準値を見て血糖値の管理をしよう

あなたの血糖値は大丈夫?基準値を見て血糖値の管理をしよう

診察

病気発見のための指標となる

血糖を調整するのに欠かせないインスリンが不足すると、血液の中に糖があふれてしまい血糖値が上昇します。血糖に異常があると糖尿病の可能性が高いので、基準値はその指標として欠かせない存在となります。

血糖値の正しい測り方

検査の前日から絶食し、朝一で採血を行います。何も食べず空腹の状態にしておきましょう。自動分析器を使うことで、基準値からどれくらいオーバーしているのかがわかります。ただ、毛細血管や動脈から採取された血糖値は、静脈より20mg/dlと高くなるので、それを頭に入れて検査に挑みましょう。
ちなみに、空腹時の血糖値は65~110mg/dl、食後だと135mg/dlぐらいです。健康な人でも、血糖値の数値は65~110mg/dlをいったりきたりしています。そのため、食事をした後に測ると、大きな差が生じます。特に炭水化物は、糖質が多いので食後必ず血糖値が上昇します。

糖尿病以外の病気も発症する

高血糖値の人に見られる病には、糖尿病の他に膵炎、肝炎、クッシング症候群、肝硬変があります。ストレスによる暴飲暴食をした末に、血糖値が上昇しこれらの病を発症する危険性が高いです。逆に血糖値が低すぎても危険でしょう。インスリンを分泌する細胞に腫瘍ができると、インスリンが大量に作られてしまい、血糖値が異常に低くなることもあります。最悪意識障害を引き起こす可能性もあるでしょう。

血糖値の上昇を抑える野菜ランキング

no.1

玉ねぎ

血糖値を下げることに向いているのはダントツで玉ねぎです。血液をサラサラにすることで知られていますよね。玉ねぎに含まれるイソアリインがインスリンの動きを活発にするので、基準値まで血糖値が下がるのです。

no.2

アボカド

森のバターと呼ばれるアボカドには、血糖値を下げることに最適なカリウムを大量に含んでいます。特に甘いお菓子やカフェオレを好む現代人に不足しがちな栄養素とも言われています。食物繊維も多く、食後の血糖値上昇を抑えるのに適した食べ物といえるでしょう。糖質も少ないのでおやつにもってこいですね。

no.3

ブロッコリー

インスリンの働きを高くするには、クロムと呼ばれる成分が必要です。このクロムは、ブロッコリーに含まれており、血糖値を下げたい時に役立ちます。さらにブロッコリーは葉酸の塊とも言われているため、血液を浄化してサラサラにする効果が期待できます。

広告募集中