免疫細胞治療の特徴やがんが死滅する仕組みを理解しよう
ロゴ

免疫細胞治療でがんを克服した方が多数!治療効果をチェック

免疫細胞治療の特徴やがんが死滅する仕組みを理解しよう

男の人

免疫細胞治療の仕組み

免疫に焦点をあてた新たながん治療法として注目されている免疫細胞治療。1980年代に海外で治療を開始しました。転移していないがんを始め、再発防止や末期がんの治療など症状を限定せず広い視野で治療できるのが特徴です。すでに転移している場合は、免疫細胞治療と抗がん剤治療を組み合わせて治療をします。

免疫とは何か

私たちの体に入ってきたウイルスや細菌を外敵とみなし、一生懸命戦うのが免疫です。ある研究では、この免疫ががん細胞を排除することも判明しており、免疫細胞治療誕生のきっかけとなりました。正常な細胞が傷つくとがん細胞が発生するのですが、実は私たちの体の中で毎日作られています。これを免疫が外に追いやるのです。

免疫細胞治療といっても種類は様々

がんに有効な免疫細胞治療には、使用する細胞によって内容が違います。がん細胞の特徴自体が、患者それぞれで異なるので「この免疫細胞治療がいい」とは強く言えないのです。重要なのは、患者一人ひとりの症状に合わせた治療を行うことですから、正しい判断ができる医師との出会いが不可欠でしょう。

細胞の比較

アルファ・ベータT細胞療法

免疫細胞療法の中で最も強い攻撃性があるアルファ・ベータT細胞療法は、先進医療として各大学病院で行われています。がん化した細胞を素早く完治し、攻撃を仕掛けるのが主な特徴です。より治療効果を上げるなら、骨転移に使われるゾレドロン酸との併用が好ましいでしょう。

NK細胞療法

免疫細胞治療の中で最も活用されているのがNK細胞療法です。殺傷能力が非常に高く、体のパトロールも欠かしません。がん細胞の目印が隠れて見えない場合も、NK細胞療法が発見してくれます。他の治療法と組み合わせると、高い相乗効果が狙えます。

広告募集中